プロフィール

2014年度卒論委員会

Author:2014年度卒論委員会
このサイトでは
立正大学地理学科の
卒業論文大会までの道程とゆかいな仲間たちとの会議の様子やら地理学科の濃いゼミの紹介をしていきたいと思います!
みなさんよろしくお願い致します(*^_^*)


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回卒業論文発表大会

 第10回卒業論文発表大会の口頭発表と、ポスター発表が2月10日(火)に行われました。(1日目はリハーサル、ポスター展示を行いました。)
taikai3
 大会

口頭発表はアカデミックキューブ(AC)の101教室にて行われましたが、午前中から沢山の方が来場して下さいました。昨年度のは大雪のため大会日程が変更され、当日参加できない学科生も多く若干の心残りがありました。本年度の卒業論文大会ではより多くの方に訪れてもらいたい、そう考えていた大会実行委員にとってこれは非常に嬉しい事でした。
 口頭発表では、全ての代表者が自身の卒業研究の成果を堂々と発表していました。発表した学生も下級生の頃は口頭発表を行うことや、卒業論文を書き上げる事を想像できなかったのではないかと思います。4年間の学びや経験の集大成が、そこにはあったのではないでしょうか。
12時40分からA305・306・307の教室にてポスター発表が行われました。
soturon2
ポスター発表では大会1日目に展示したポスターの製作者が、実際にポスターの前に立ち、見学者に向けて説明を行いました。またポスター発表時に学科1・2年生および学科教員、その他の来場者からの投票によって、表彰を行いました。発表者はそれぞれ創意工夫し資料を作成し、また発表を行っていました。
taikai5

私個人として特に印象的だった事は、口頭発表とポスター発表の双方で指導教員や同学年の学生だけでなく、学科の下級生も多く質問を行い、積極的に大会に参加していた所です。就職活動や学業との両立を行い、卒業研究に励んできた4年生。そうした発表者の姿を見て、その知識だけではなく真剣に取り組む姿勢や、大会への想いが下級生にも伝わったのではないかと思います。

 本年度で立正大学地理学科の卒業論文大会は10回目となりました。こうした活動を継続できる事は非常に有難いことです。1年間という短い間ではありましたが、このブログやSNSを通じての情報発信、大会運営を無事に行えた事に感謝します。来年度からは委員会も新しくなりますが、より充実した活動を行って欲しいと思います。今年度をもって卒業する学科生として、この卒業論文発表大会はもちろん、立正大学地理学科の発展と活躍を今後とも期待し、応援しています。最後になりましたが、1年間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。

2014年度卒業論文大会実行委員会 代表
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://2013sotsurontaikai.blog.fc2.com/tb.php/20-870d598e

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。